人気記事ランキングTOP3NEW
ranking01-11002.gif ドライブ 所要時間のわかるサイト
ranking01-11004.gif 母子旅行裏ワザ
ranking01-11006.gif益子の宿
旅の無料壁紙リンク集


<なぜかこの記事も人気>
タイで泊まった8つのホテル
最近の記事
日本のホテル.JPG シンガポール母子旅行.JPG

母子旅行裏ワザ

旅館や民宿などに、母ひとり子ひとりで泊まろうとすると
基本大人二名一室だったりするから、

たとえ子供料金が設定されていたとしても
泊まれないことが多いです。


たとえ、泊まれるところがあったとしても、

未就学児(小学生以下)であっても、まるまる大人料金を取られる
ところもありますし、

大人料金の70パーセント、50パーセント、30パーセントとか
のところもあります。


料金体系が、最近ではいろいろと違っていてややこしいものです。



そこで、裏ワザの出番です。


朝食込みで5000円でお馴染みの、
四季倶楽部
ならどうか?


HPを見ると、

↓↓


■お子様料金について(朝食付)
0歳 無料
1歳〜小学校就学前(添寝)525円

※添寝は大人1名様につき添寝1名様までとなります。
※一部の施設では、お子様の朝食は別途525円頂いておりますので詳細は各施設概要ページをご覧ください。
※小学校就学前のお子様でも寝具をご利用になると5,250円が必要となります。
※小学校就学後のお子様は5,250円となります。
※強羅スタイルではお子様料金の設定はございません。


Q.子供や幼児も同じ料金なのでしょうか?
A.小学生以上のお客様は全て、一泊朝食付5,250円となり、夕食は選択制となります。

1歳〜未就学のお子様は、添寝施設使用料として525円となります。お布団、アメニティー等は一切つきません。未就学のお子様がお布団をご希望する場合には、小学生同様に一泊朝食付5,250円となります。また、朝食は無料の施設もありますが、525円〜840円の別途朝食代が必要となる施設があります。


<以上 四季倶楽部HPより>




そんな四季倶楽部でも、調べてみると、結局二人一室基本のところが多いのですが、
「あ!ここいいかも♪」というところがありました。


それは、プレーゴ葉山です。


洋室も広そうだし、和室もあるので(部屋は選べないようですが希望は出せるようです)子連れにはかなりいいかな^^


うちは、4月に小学生に上がるので、その前に行ってみたいと思っています。


四季倶楽部は、京都や東京でもこんなふうに
泊まれるところがあったと思います。


HPで、チェック検索してみてくださいね。

かわいい子連れのホテル利用術の記事もおススメっぴかぴか(新しい)


posted by あさのママ at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | お得な旅情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。