人気記事ランキングTOP3NEW
ranking01-11002.gif ドライブ 所要時間のわかるサイト
ranking01-11004.gif 母子旅行裏ワザ
ranking01-11006.gif益子の宿
旅の無料壁紙リンク集


<なぜかこの記事も人気>
タイで泊まった8つのホテル
最近の記事
日本のホテル.JPG シンガポール母子旅行.JPG

バンコク報告

110619_183735.jpg
UAマイレージを使って、バンコクへ行ってきました。

<泊まったホテル>
コンラッド2泊
ミレニアムヒルトン1泊
ノボテルスワンナプ−ム1泊

押して下さると励みになります!⇒励みになります!

posted by あさのママ at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーケット母子旅行25

プーケット、ラマダリゾートでの最終日は朝からプールでスライダー三昧。

そして、私はまた背中マッサージ45分。


帰りは現地旅行社J&Rさんに頼んで、600バーツで空港まで送り届けてもらいました。

1時間で到着。


空港では子どもが、売店のマグネットを落としてしまい、それを見ていたチャイニーズ系の定員さんがきつい形相で、弁償しろとマグネットをレジへ持ってゆく。

しぶしぶ120バーツ支払い。。。



プーケットの空港ラウンジは小さいけれど、奥にちょっとしたキッズコーナーもあるし、

ミニケーキが数種類、フルーツ、サラダ、サテー、ロティー(おいしい!!)、ドリンク類、
ミネストローネ、ごはん、おかず類・・・となかなか。

ここには、プライオリティパスと、子供の分は、ダイナースカードを見せたら追加料金なしで、

2人で入れました。


乗り継ぎのクアラルンプールのプレミアムラウンジでは、子供はカードを見せなくても無料で
入れました。

ラウンジによって、違うのですね。


クアラルンプールのラウンジですが、シャワールームは、なんとトイレの奥で、ひとつしかなくて狭くてなんとなく汚らしい。

トイレの便座も壊れているし、アタッチメントのソープがついているけれど、あとはバスタオルのみ。

食べ物の方も、やっぱり口にあいません!マレーシアの料理はあさのママ的にはどうしても受け付けません。

マレーシアの国は好きなんですが、どうしても食事がダメ〜。
やっぱりタイの方が断然おいしいと思います。



ラウンジでは、足のマッサージコーナーが混んでます。

みんなニコニコして満足そうに必ず出てくるので、いいな〜と思って料金を受付に尋ねたら、

15分で14ドル!!!

ゲゲッがく〜(落胆した顔)こうして長かったプーケット母子旅行は、無事日本へ帰るかと思われたのですが・・・


ラウンジを出た直後、携帯で写真を撮り、おしりのポケットに入れたまま、ゲートに向かうのですが、その過程でどうやら盗まれてしまったようなんです。

後で考えたら、エレベーターに乗ったとき、すぐ真後ろに男の人が来て、その後、エレベーターの下の踊り場のようになっている処に、数人のマレーシア人の男性たちがたむろしていて、「何してんのかなぁ〜〜??」と、とても気になって振り返り振り返り見ていたのですが、そのままゲートへ行ってしまい、気がついたら携帯が・・・と青ざめた次第です。ドジな私。

搭乗口で、乗り遅れる〜あせあせ(飛び散る汗)と、泣き出す子供をアテンダントに預けて、
5分間だけ携帯探しに時間を貰えました。

猛ダッシュで、トイレやインフォメンションセンターにいる人たちに携帯届いてないか尋ねたり、
落ちてないか椅子の下や通路を探しました。もちろん、ラウンジにも日本からも問い合わせたり、
しましたが、届いてないとのこと。

そうですよね。盗難ですよね。やっぱり。。。


がーーーん。。。


というわけで、最後にみっともない失敗をやらかしてしまいましたが、次回はこの経験を生かしてより注意たいと思います。



さて、その次回ですが、今週、バンコクへ4泊5日の短い旅へ行ってきます。


また、旅行記載せたいと思います。







押して下さると励みになります!⇒励みになります!

posted by あさのママ at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーケット母子旅行 24

プーケットに行ったからには、ビーチへ繰り出したかったのに、子どもが全然行きたがらずに

結局タクシーの中からしか海は見ることができませんでしたがく〜(落胆した顔)

しかたがないので、もっぱらプールで遊ぶだけ。

ラマダはその点、プールにもスライダーがあるので、これだけでもかなり楽しんでいたようです。

中国人や韓国のにぎやかな大勢のグループは、子供たちと一緒になって大人までもがスライダーで

滑ってワイワイやってました。

あさのママも子供にせがまれて、何度かスライダーに・・・。

思いっきり水の中にどぼんともぐってしまい、楽しいやら怖いやら。



ラマダリゾートのすぐ近くには、地元のレストランが2、3あって、コンビニや薬局などもあります。(徒歩5分以内圏)。

もっとずっと歩いてゆくと、お店はたくさんあるようです。


隣はフロントビレッジというホテル&スパ。

ホテルの前は、トゥクトゥク乗り場。

ATMやランドリーもあるので、なんとか無難に滞在できそうな環境ではあります。

近所のレストランで、安くテイクアウトできたりするので、ホテルの朝食じゃなくてもOK。

一日中、外で遊ぶようなシチュエーションならなんとかゆるせるホテルかな。

部屋でのネットは無料だけど不安定。

サクサクいかずブツブツ切れる。(ロビーにハイスピードネット安くできるコーナーあり)


キッズクラブはなんだかなぁ〜。

部屋に入っていっても、3人いるスタッフはおしゃべりしてて全く動かず。

勝手に遊んでくださいみたいな雰囲気で、ボールプールがあるだけ。

なんかリニューアル必要!・・・と思うのは日本人ゆえにでしょうか?

タイならこんなものでも大丈夫なのかな。



マッサージを頼んだら、ホテル内のもうひとつの静かなプール脇のカーテンで仕切られたちょっとしたコーナーに連れて行かれました。

45分で450バーツ。

これはなかなか気持ちがよかったです。

風が吹き抜ける場所で、扇風機もかかってるし、顔の部分の穴の空いてるところからは、花が浮いている器が見えて、かぐわしいアロマの香りが。


こうなると、なかなかいいところもあるじゃん♪という気持ちになってくるもので、

ゆっくりリゾート気分はでないけれど、お手軽に1、2泊子供を遊ばせるには安くていい場所かもしれないなどと思えてくるのです。













押して下さると励みになります!⇒励みになります!

posted by あさのママ at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーケット母子旅行23

プーケットのホテル、メルキュールパトンの隣にはコンビニがあるので、便利です。

それに洗濯屋さんもあります。


ホテルのネット使用料は、1時間150バーツ。

1階のレストランが広々していて気持ちよく、ここがすごくおいしい!

ランチでハワイアンピザなど頼んだのですが、生地がすみずみまでおいしくて感激。

今日もホテルは週末full状態。レイトチェックアウトもできませぬ。

隣の洗濯屋さんに3キロ150バーツで頼んでおいた洗濯物が出来上がるのが5時・・・。

チェックアウト1時になんとか遅らせてもらって、でも、その後はプールやスパなどに行って

仕上がるのを待つのみ。

スパはサービスもよく、きれいで居心地よし。豪華な感じではないけれど快適。

1時間足マッサージを受けて、20パーセント引きで400バーツ。

その間、子供はキッズルームで。

 
こうして、やっと洗濯物をピックアップして、ロビーで今度は自分たちが迎えの車にピックアップされるのを待っていました。

現地旅行社さんに車の送迎とホテル予約をネットで昨日頼んでおいたのでした。

車で15分。

山をちょうど坂道下りきった所にラマダリゾートがありました。


がっ!!


・・・雰囲気がさびれた遊園地って感じで・・・なんだこりゃ!?


通された部屋は電線と道路ビューだったので、部屋を変えてもらいます。

次の部屋はプールアクセス。プールにあまりにも近くてカーテン閉めてないと丸見え。

でも、夜までプールで子供は泳いでいられました。

見たところドイツ人の元気印の女の子から、水をプーッと吹きかけられおどされ、息子逃げまくり状態。猫VSネズミの図。

ヨーロッパの女の子、小さい頃からたくましいのう。

堂々としていて・・・それがとっても素敵でかわいらしいのだけど、将来、強い女になってゆくのも目に浮かびまする。



さて、朝〜。

朝食はいいだろう。。。どこかで口コミ読んだもの・・・


と期待したけどこちらもかなりかなりしょぼいものでした。

さびれまくったレストラン。

アメリカンカジュアルというのだろうか、安っぽいビニールのソファーや、食べかすが落ちている掃除の行き届いてないようなフロア・・・


卵料理無し、食べ物にハエがたかっているし。

種類もまあこんなもんかな。朝食コミでツイン3240円ならね。


ゆるしましょうか?ゆるしませんか?


でも、破れた椅子や汚れたテーブル、ベーコンが床に落ちたままの所なんか頑張ればきれいになるだろうにぃ〜〜〜

ラマダだめだこりゃ。

部屋のバルコニーにある椅子なんかも灰色のビニール張りの椅子だし、リゾート気分0パーセント。

ここに泊まってしまった人たちってきっとHPのきれいな写真に魅せられてしまったんだろうな〜



韓国人の団体客もいて、朝皆で去っていく。

タイ語バリバリのツアーガイドは、銀のサングラスで背が高くて超カッコイイ人だった。

ホテル内では日本人家族をひと組見かけました。


こんなお子様だましのホテルだけど、なんかいるうちそれほど気にならなくなる気安さも出てくるものです。

泊まれば都ってことでしょうか!?










押して下さると励みになります!⇒励みになります!

posted by あさのママ at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーケット母子旅行22

メルキュールパトンに変わったものの、full状態。

2時間近く待たされました。その間、ロビー裏のキッズクラブで遊んでました。

プーケットのキッズクラブをいくつか利用しましたが、皆共通しているのが、壊れたおもちゃをそのままおいてあること。

ツーリストに使われ続けておもちゃはもうボロボロ・・・


やっと部屋に通されるが、最後の残りの一番見晴らしの悪く暗い部屋・・・気持ちが萎える・・・


どうしてこの時期、このホテル満室!?それほど人気があるのかたまたまなのか・・・

重い気持ちを払うように、タクシー頼んで、プーケットタウンへ行ってみました。

セントラルデパートでは、バンコクのセントラルと同じものが同じ価格で売られています。

アクセサリーも激安で素敵なのがたくさん!

でも、子連れなので、ゆっくり見てはいられません。

パッと見て、まぁいいかってパパッと選んでゆく。

女性のお連れのマッチョな男性陣たちも嫌気顔でソファーにかたまって待っているところを見ると、
やはり男性はどこの国でもショッピングにつきあうのは苦手そう。。。

あ〜やっぱり買い物よ♪

もっとゆっくり見た〜〜いっ!!

夜に戻ってきて、ホテルのプールに9時まで入る。

息子、「たくさん泳ぐぞ〜!!!たくさん泳ぐぞ〜!!!」と決意を込めてプールに飛び込む。

ストレスがたまっているのかしらん?(少々親反省)


プールは夜も泳げるからいいです。たくさん泳いでる人たちいるんだけども・・・・・・

べーーーったり身体を寄せ合いプールの中で濃厚ランデブーしてるカップルには、息子も目が点。


さ〜て、明日から残りの3日間は、子供の喜びそうなラマダホテルへ泊まるぞ!と、現地旅行社を通して予約しました。


プールは結構楽しめるメルキュールパトン↓↓ プールビューのお部屋に泊まりたかったなぁ。
メルキュールパトン.jpg





押して下さると励みになります!⇒励みになります!

posted by あさのママ at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーケット母子旅行21

プーケット母子旅行ですが、前回の続きを書きます。

朝食場所は、ホテルロビーにあるレストランで。

広いのですが、かなり混雑しています。

欧米系、中華系、ファミリー、若い人たち、ちょうどバランスよくいる感じです。

日本人はあまり見かけませんでした。


バラエティーに富んだ朝食ですが、この混雑でベーコンやらドレッシングやらがすぐになくなってしまいます。

(メニューは日によって変わりました。)


ドリンクのところにある水のサーバーから、ちゃっかり自分の空のペットボトルの中に水を入れている白人男性発見・・・




さて、ドゥアンジットには、中庭にかわいいきのこの形をしたキッズルームがあります。

中には2人の無愛想なタイ人スタッフがいます。

でも、クーラーがきいてて蚊もいなくて気持ちいい空間。

おもちゃコーナー、お昼寝コーナー、ネットコーナーなどに分かれた小さな部屋があります。

イケアの製品使ってるみたいで、メルヘンチックでとってもかわいいです。

ここでうちの子は、ネットゲームしていたのですが、大人はインターネットとかして待ってることできないので、ただ見てるだけ。。。

ベビーシッターも、こちらにいる係りの人はしてくれません。

30分位用があり、部屋に行かせてもらいましたが、「この子勝手に外出ない?」ってきかれたので、大丈夫と伝えると、行ってもいいよという。

責任は持てないようです。

ここ、ほんとかわいいキッズルームなんですが、ひとつ気になったのは、入り口で靴を脱ぐのですが、スコールがあると、外に置いてある靴がいつもびしょ濡れになってしまうこと。

コレどうにかして欲しいところです。(すべての人がサンダルばきじゃないからね)





キッズルームの側には、子供用の広いプールもあります。

もうひとつのプールにはガゼボみたいに暑い日差しから逃れられ、子供を見てられる場所があるので、そこでドリンク片手にゆっくりできます。




ドゥアンジットホテルをひとことで言うとタイシノワーズシェラトン風リゾートって感じかな〜。

食事もすごくおいしいです。

夕方、フライドチキン&ポテト、かにチャーハン、スイカシェーク、オレンジシェークをレストランで頂きました。

レストランで子供はおばさんにチューキスマークをされ、チューを要求され、うちの息子、トホホ・・・な感じ。


ほんと、タイ人は子供好きです。





さてさて、ホテルの周りでも、ちょこっとホテルめぐりをしてみました。

次にどこ泊まろうかサーチです。



コートヤードマリオット・・・プールがダサイ!パラソルがショッキングオレンジみたいなサイケな色でキライな雰囲気!なんとなく小汚い。(ホテル関係者さんスマン)

ホリディイン・・・キッズルームが欧米人ばかりで、キッズプールも全然よくない!
 
メルキュール・・・ロビーの向こうがいきなりプールだけど、まぁまぁかな。
         (隣のバウマンブリも見ましたが、小さい。安そうだけどそれなり。)


特にコートヤードマリオットは、建物入って部屋や廊下を歩くと何故か嫌なめまいがする。。。
やっぱりここよくない。
高いところに登ったときと同じような嫌な感覚。。。電磁波たくさん浴びてるような・・・!?
何なんだろこの感じ・・・。

人によって、全然感じない人もいると思いますが、私は結構敏感に何かを感じるタイプなので、
ここはあっさりパスしました。自分の勘を信じました。





ドゥアンジットにはもう1泊したかったけど、予約が2泊しかしてなかったので、次はメルキュールパトンに泊まることにしました。


ドゥアンジットでは、ネットカードが1時間200バーツだったのがネックです。もう少し安く、か、無料ならば最高にいいステイができるのですが〜。

日本人スタッフの方とお話したのですが、今年はお客さんがほんとに多いそうです。

中国もですが、アラブ、イランの中近東が特に多いとか。

4月、5月は、40度近くになり、ロビーがオープンエアーなので、具合が悪くなり病院にも通ったそうです。

その時期になるとエアコンのある所に変わりたいと真剣に悩むそうです。












押して下さると励みになります!⇒励みになります!

posted by あさのママ at 16:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーケット母子旅行S

ここんとこ、忙しいですあせあせ(飛び散る汗)
昨年行ったプーケットの旅行記、載せるの遅くなりましたが、続けます。


バンコク、プーケットのパトン、ラグーナエリアと移動してきましたが、

ここでまたパトンの街に戻り、今度は、ドゥアンジットホテルに滞在することに

なります。



これほど、着いた時と滞在中との印象ががらりと変わるホテルも珍しいです。

それは、泊まる人の感じ方、そのときの心理状態にもよるかと思うのですが、

評価が七色に分かれるような不思議なホテルかもしれません。


つまり、いいとこ、悪いとこあわせ持つ、山のものとも、海のものともいえないような底知れぬホテルなんです。


あさのママ的には、今のうちなら超穴場だと思います。そのうち、きっとヒルトンやシェラトン、マリオットなど外資に買い取られてしまうに違いない・・・

そうなる前に泊まっておいたほうが良いと思いますexclamation(ひたすら、そうならないことを願いますが)


ホテルには、年配の日本人女性スタッフがいます。

聞けばいろいろ教えてくれます。

敷地はとにかく広いので、移動が大変です。

団体が(中国、中東など)多いので、部屋には、注意書きがいっぱいです。


例えば、傘をなくしたら何バーツとか、備品のひとつひとつにペナルティが課せられます。

ということは、持って行っちゃう人が多いのでしょうね・・・ダッシュ(走り出すさま)

そういうのを見てるとリゾート気分が減退してしまうけど、しょうがないかな。

最初に悪いことにふれておきましょう。

インターネットカードは1時間200バーツもします。高いです。

敷地が広すぎて、棟によっては、部屋から朝食レストランに行くのも歩きます。

よって、スコールがあると大変です。

duangjitt.jpg

ホテルHP見てください。敷地の広大さ、きれいさがわかります。
http://www.duangjittresort-spa.com/













押して下さると励みになります!⇒励みになります!

posted by あさのママ at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーケット母子旅行R

 プーケットのラグーナエリアで何が良かったかというと、いろんなホテル間を船に乗って行ったり来たりできること。

気持ちが良くて日常と別世界をひととき漂う感じがいい。

これこそ休暇をとってるって気がするのです。

あ〜。また行きたいナァ〜。。。


4泊アラマンダで過ごして、またパトンに戻りました。

アラマンダからは、現地旅行社のブルーアイランドさんにメールで頼んで、3時間750バーツの自由ツアーを手配しました。

アラマンダをチェックアウトしたあと、行きたいところに寄ってもらいながら、次のホテルに向かうという方法です。

@スリンにあるレモングラスのお店→Aシャンシーロンで買い物&日本食レストランで食事→Bメーウボンマーケット→Cドゥアンジットホテルチェックイン


今度のドゥアンジットホテルは、ブルーアイランドさんにとってもらいました。

ここがまた、なかなかの穴場ホテルでした。4000円位でしたが、広くてリゾート気分いっぱいの
子連れにも楽しいホテルだったのですぴかぴか(新しい)

次回はそのドゥアンジットホテルについて書こうと思います。


押して下さると励みになります!⇒励みになります!

posted by あさのママ at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーケット母子旅行Q

アラマンダラグーナホテルにもキッズクラブがあると思っってフロントに聞いたら、ないといわれてしまいました。

キッズのちょっとしたレゴブロックなどがあいてあるコーナーは、フロントロビー近くにありました。

それで、ラグーナホリディクラブのキッズクラブに行ってみました。

ラグーナ キッズクラブ.jpg



プールも使えて、一日250バーツでした。

ここは、後で知ったのですが、ラグーナホリディクラブ内でランチを食べると、プールやキッズクラブを使えるとか。

ここは、とても小奇麗でかわいらしい明るいキッズクラブでした。

プールも入りました。(ただし、キッズクラブ利用者は、着替えるところがトイレしかなかったです)

プールにはスライダーもあって、いるのは欧米人ばかり。

ラグーナホリディクラブ.jpg

なかなかオシャレなプールでした。子供用のプールも別にありました。






アラマンダの隣のホテル、シェラトンラグーナのキッズクラブにも行ってみることに。

10時30分〜お昼まで子供預かりお願いしますというと、午後もOKで500バーツとのこと。

小さい部屋が2つ繋がっていて、スタッフの元で工作したい子はそっち、したくなければひとりで遊んでもいられる。

欧米人の子がずらりと工作してました。

庭には遊具。

日本人もいたけど、すぐ帰ってしまったりして、なかなか日本人にはなじめない雰囲気が・・・。

部屋の隅っこの方に蚊も飛んでいる・・・。

先生たちはタイ人。なんだかやる気がなさそうな・・・。

はっきりいって、ちょっと不安。

いったん、12時になると親がそれぞれお昼を食べさせるために引き取りに来る。

子供たちは部屋の外で座って待っている。

そんなシステム。

ここは、2回利用しましたが、2回目はうちの子は、薄暗くしたビデオタイムの時に
丸いクッションの中で汗びっしょりかいて眠っていました。

やっていたのは、古〜いアメリカのビデオで、全くつまらなそうでした。。。唖然。

他の2、3人の欧米人の子供たちは暗い中で見てました。親がついている子もいました。

子供に聞いてみた様子から、あんまり楽しくはなかったけれども、全く楽しくなくはないって感じの微妙なところだと思います。

外にゾウさんを見に行ったりとかもあるようです。


ラグーナ内では、他にもいくつかキッズクラブがあるようですので、行かれる方はいろいろなキッズクラブを廻って楽しんでみてください。

押して下さると励みになります!⇒励みになります!

posted by あさのママ at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーケット母子旅行P

先日、ベストウェスタンアラマンダラグーナホテルは、最高という話を書きましたが、

ちょっと気になった点の方も書いてみます。



それは、ムクドリ?みたいな大き目の鳥が、ホテルの道路側の木にたくさんいて、夜もギャアギャア集団で鳴いていてうるさいことです。

でも、ベッドルームは扉を閉めてしまえば、ほとんど聞こえませんし、リビングにいても、そんなに気になりませんでしたが。(部屋の位置にもよると思います)


何故夜に鳴いてるのかわかりませんが、日によっては泣かない日(いない日?)もあるのです。

寝床を変えているのでしょうか?不思議。

朝6時を過ぎると一斉に飛び立つようで、静かになるのです。


これは、プーケットの他のホテルでも同じことがあるようで、お客さんから苦情がくるのか、ホテルスタッフがバクチクなどで追い払っているようです。





もうひとつの点は、ラグーナエリアの中は、ミニマートなどがあるのですが、商品が大変高いということです。

アラマンダホテル敷地内のミニマートでアイスクリーム2つと、カップラーメン1つ買っただけですが、150バーツ(約400円)もしました。

日本のコンビニと同じ位の価格、もしくはそれ以上です。

カナルビレッジのミニマートの方では、サンスクリーンが660バーツもしました。

カナルビレッジのカフェも高いです。

う〜ん、食事、買い物が難です。




ラグーナでも、キッチン付きのホテルに篭るなら、前もって食料を調達しておいた方がよいです。

ラグーナに行く前にパトンのホテルに泊まっているなら、ジャンシーロンによって食料を調達してからくるのがいいかもしれません。

ラグーナから車で10分ほどのスーパーなどがあるエリアに買い物に行ってもいいのですが、タクシー代結構かかります。


あさのママは子供用に甘口のレトルトカレーや、カップラーメンやレトルトライス、お米、ふりかけ類、お菓子など日本から持っていきました。
また、ドリンク類や、パン、スナックなどは、ジャンシーロンである程度買っておきました。


ホテルはどこでも朝食が充実しているので、それをブランチにしてれば、後は晩御飯だけなので、外食もありです。


アラマンダの朝食内容は、

トースト、ペストリー類、ドーナツ、クロワッサン、フレンチトースト、パンケーキなど。
ヨーグルト、(白、ストロベリー味)フルーツカクテル、
フルーツ(パイン、スイカ、パパイヤ、メロンなど)
タイ風おかゆ、焼き飯、
卵料理
ポークビーンズ、
ベーコン、ウィンナー、
ポテト、
ジュース(スイカ、オレンジ、パイン、チョコレートドリンク)
ミルク(ローファットなども)
シリアル、

これらが、たまに内容がちょこっと入れ替わります。



食料調達の秘策?としては、ホテルの従業員用に、道端にお弁当を売りにきている人がいるのですが、見つけたら、買っておくとよいです。

ビニール袋に入ったパッタイ(タイ焼きそば)が、なんと15バーツ(約40円)!!でした。

これは、安くて意外と量もあり、大人なら充分だと思いました。(辛いのもあるから子供にはどうかな)



また、もうひとつの秘策としては、マクドナルドやピザのデリバリーを利用すること。⇒チュンタレーにあるロータスエリア内のマクドナルドやピザ店


無料で送り迎えしてもらえる安くておいしいレストランを利用する⇒BLACK CAT RESTAURANTや LOTUS SEAFOODなど


詳しいことは利用していないのでわかりませんが、そういう手もあるようです。



ラグーナ内にキッズクラブがいくつかあるのですが、次回は、キッズクラブを利用した話を書きますね。

押して下さると励みになります!⇒励みになります!

posted by あさのママ at 15:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。